ブラックロック、保険業界に関する年次調査報告を発表。気候変動リスクへの懸念が増加

ブラックロック、保険業界に関する年次調査報告を発表。気候変動リスクへの懸念が増加

大手資産運用会社ブラックロックは11月15日、第10回グローバル保険報告書を発表した。報告書内では、保険会社の95%の幹部が今後2年間で気候変動がポートフォリオ構築に大きな影響を与えると回答している。

調査は2021年6月から7月に実施され、26の市場にまたがる362の保険会社の幹部に対して今後1年間の投資意向とビジネスの優先順位についてまとめている。対象となった保険会社の投資可能な資産はこれらは27兆米ドルを超え、セクターの約3分の2を占める。

回答者の半数は、既存の資産を持続可能な投資に再配分する理由について、これらの投資がより良いリスク調整後のリターンを得るためと回答した。また回答者のほぼ半数が、過去12か月間にESGの懸念のために投資を見送っている。

その他にもCOVID-19の影響を受け、回答者の多くがカーボンニュートラル達成にはデジタル化が必須であると考えており、全体の41%が気候変動リスクや指標を統合するテクノロジーを増加させると回答した。

【参照ページ】
(原文)Ninety-Five Percent of Global Insurers Believe Climate Risk is Investment Risk
(日本語訳)世界の保険業界で気候リスクを投資リスクと考える傾向。年次調査報告で

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る