CDPQ、日本の再生可能エネルギー開発企業である Shizen Energyに約705億円の出資を発表

CDPQ、日本の再生可能エネルギー開発企業である Shizen Energyに約705億円の出資を発表

10月24日、グローバルな投資グループである CDPQ は、日本の再生可能エネルギー企業であるShizen Energyの日本および主要な国際市場での成長を目的として、最大4億7,400万ドル(約705億円)の投資を行うことを発表した。

本発表は、CDPQによるShizen Energyへの1億3,500万ドル(約201億円)の出資と、CDPQによる3億3,900万ドル(約505億円)の出資の可能性を含む共同出資の枠組みを含むものである。

本提携は、日本が再生可能エネルギーの容量を急速に拡大しようとしていることを受けてのものである。2021年7月、政府はエネルギー戦略の詳細を明らかにし、2030年までにエネルギーミックスに占める再生可能エネルギーの割合を20%未満から約倍の36%~38%にする計画を盛り込んだ。日本は2050年にネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束しており、2030年の中間目標として、2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減することを掲げている。

両社によると、本投資により、Shizen Energyは、現在進めている再生可能エネルギー発電所の開発活動、エネルギーのデジタル化に関する事業強化の取り組み、主要市場における人的資源の拡充を加速させることができるという。

Shizen Energyは、国内では、地上・屋根設置型太陽光発電、アグリソーラー発電、陸上・洋上風力発電、小水力発電、バイオマス発電など、さまざまな再生可能エネルギーの開発を目指す。海外では、東南アジアやブラジルにおいてオンサイトおよびオフサイトのPPAを加速させ、現地の有力企業と共同で大規模な太陽光・風力発電事業に取り組むことを目指す。

【参照ページ】
(原文)Shizen Energy and CDPQ announce JPY 70-billion (USD 474-million) investment by CDPQ to accelerate the energy transition in Japan and key international markets
(日本語訳)シズンエナジーとCDPQ、日本および主要な国際市場におけるエネルギー転換の加速に向け、CDPQによる700億円(4億7,400万米ドル)の出資を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る