デンマーク、約650億円のグリーンボンドを新規発行

デンマーク、約650億円のグリーンボンドを新規発行

1月19日、デンマークの中央銀行であるデンマーク国立銀行は初のグリーンボンドの発行を発表した。本債券は、再生可能エネルギーやグリーン・トランスポーテーションなどの分野における政府の支出や投資に充当される。

デンマークは、本債券のサステナビリティに価値をおき、同じ満期、利払い日、クーポンレートの10年債とペアで発行する「ツインボンド」方式で発行した。また、価格は実効利回り0.14%で、従来の10年債と比べ5ベーシスポイントのプレミアムがついている。

この債券は、デンマークの「グリーンボンドフレームワーク」に基づいて発行され、グリーンボンドによる資金調達の投資対象分野の概要を示している。この枠組みでは、風力や太陽光などの再生可能エネルギーの生産や、デンマークの運輸部門のグリーン化を支援することなどが投資対象として挙げられている。

中央銀行は、2022年に最大150億クローネのグリーンボンド発行量を見込んでいると発表している。また、今回の募集は、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相が今年初め、国内航空のグリーン化を加速させ、二酸化炭素排出企業に課税する計画など、同国の気候変動に関する一連の構想を発表したことを受けている。デンマークは現在、2030年までに排出量を70%削減し、2050年までに気候変動に左右されない社会を実現するという気候変動に関する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)The Kingdom of Denmark will open a green bond with a coupon rate of 0.00 per cent and maturity on 15 November 2031.
(日本語訳)デンマーク、約650億円のグリーンボンドを新規発行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る