CDP、2023年の気候変動質問票から、プラスチックに関する設問を追加 パブリックコメントを募集

CDP、2023年の気候変動質問票から、プラスチックに関する設問を追加 パブリックコメントを募集

6月13日、2023年のCDP気候変動の質問票から、プラスチックに関する設問を追加する案を発表し、パブリックコメントの募集を開始した。CDPは、プラスチック関連の情報開示を検討する。 パブリックコメントの募集は7月8日までである 。

本コンサルテーションの内容は以下の通りである。

  • CDPは、情報開示にプラスチックの生産と使用に関する情報を要求する提案についてフィードバックを提供する。
  • 質問案の実現可能性と妥当性、および回答の準備についてCDPとフィードバックを共有する。
  • CDPのアプローチに情報を提供するための技術的専門知識を共有する。

本コンサルテーションで提示された質問はまだ予備的なものであり、CDPは2023年の最終質問票を公表する際に、質問を修正、追加、削除する可能性があるという。

【参照ページ】
(原文)Plastics Questions for CDP’s 2023 Questionnaire(s)
(日本語訳)CDPの2023年版アンケートへのプラスチックに関する質問

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る