米食品小売Meijer、2025年までの炭素排出量半減にコミット

米食品小売Meijer、2025年までの炭素排出量半減にコミット

1月18日、米国を拠点とするスーパーセンターおよび食料品小売業のMeijerは、新たなサステナビリティ目標を発表し、2025年までに炭素排出量の絶対量50%削減にコミットした。

この新しい目標は、食品廃棄物、持続可能な包装、廃棄物転換などの分野を網羅する同社のサステナビリティプログラムに追加される。排出量の面では、Meijerは新しい店舗と配送センター施設を開設したにもかかわらず、2014年以来排出量を17%削減しており、これは1平方フィートあたりの炭素排出量の30%削減に相当する。

新たな目標を達成するため、同社は既存のエネルギーおよび車両効率化プログラムをベースに、再生可能エネルギーの調達を増やし、来年には冷蔵用の省エネ地熱プロジェクトなど、新たな革新的技術の試験運用を行う予定だ。

【参照ページ】
(原文)Meijer Commits to 50 Percent Carbon Emission Reduction Goal by 2025
(日本語訳)Meijer、2025年までに炭素排出量の半減を約束

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る