Triodos、2030年までにローンブックと投資における排出量を32%削減することをコミットメント

Triodos、2030年までにローンブックと投資における排出量を32%削減することをコミットメント

10月24日、サステナビリティを重視するTriodos Bankは、2030 年までに融資とファンド投資のポートフォリオ全体で、温室効果ガス(GHG)の純排出量を 32%削減する新たな中間目標を発表した。

本発表は、2035年までにネット・ゼロを達成するというTriodosの目標に沿うものである。

Triodosの新しい目標は、ネット・ゼロ・バンキング同盟(NZBA)のメンバーとしての公約の一部を成すもので、これは、融資活動を通じて世界のネット・ゼロ目標を推進することを目的とした、国連の招集による銀行の連合体である。

同アライアンスの署名機関は、NBZAに中間目標を開示し、銀行の投資ポートフォリオにおける進捗状況を同アライアンスに報告することで、融資および投資ポートフォリオから運用および起因するGHG排出量の移行を約束する。

Triodosは、2021年4月のNZBA設立時に、最初に加盟した銀行の一つである。また、同社は2035年までに融資と投資のポートフォリオを100%カバーするネット・ゼロを目指すという野望を掲げている。

Triodosは、純絶対排出量は2025年まで「比較的安定して」おり、それ以降は、ポートフォリオの炭素強度を低下させる削減努力と、残りの排出量を中和するための隔離投資の結果、減少に転じると予想している。

【参照ページ】
(原文)As One To Zero
(日本語訳)Triodos、2030年までにローンブックと投資における排出量を32%削減することをコミットメント

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る