Triodos、2030年までにローンブックと投資における排出量を32%削減することをコミットメント

Triodos、2030年までにローンブックと投資における排出量を32%削減することをコミットメント

10月24日、サステナビリティを重視するTriodos Bankは、2030 年までに融資とファンド投資のポートフォリオ全体で、温室効果ガス(GHG)の純排出量を 32%削減する新たな中間目標を発表した。

本発表は、2035年までにネット・ゼロを達成するというTriodosの目標に沿うものである。

Triodosの新しい目標は、ネット・ゼロ・バンキング同盟(NZBA)のメンバーとしての公約の一部を成すもので、これは、融資活動を通じて世界のネット・ゼロ目標を推進することを目的とした、国連の招集による銀行の連合体である。

同アライアンスの署名機関は、NBZAに中間目標を開示し、銀行の投資ポートフォリオにおける進捗状況を同アライアンスに報告することで、融資および投資ポートフォリオから運用および起因するGHG排出量の移行を約束する。

Triodosは、2021年4月のNZBA設立時に、最初に加盟した銀行の一つである。また、同社は2035年までに融資と投資のポートフォリオを100%カバーするネット・ゼロを目指すという野望を掲げている。

Triodosは、純絶対排出量は2025年まで「比較的安定して」おり、それ以降は、ポートフォリオの炭素強度を低下させる削減努力と、残りの排出量を中和するための隔離投資の結果、減少に転じると予想している。

【参照ページ】
(原文)As One To Zero
(日本語訳)Triodos、2030年までにローンブックと投資における排出量を32%削減することをコミットメント

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る