投資運用会社Vanguard、低炭素社会への移行機会を投資対象とするファンドを設立

投資運用会社Vanguard、低炭素社会への移行機会を投資対象とするファンドを設立

8月16日、世界最大の投資運用会社の一つであるVanguardは、低炭素社会への移行に取り組む企業に投資するファンド「Vanguard Global Environmental Opportunities Stock Fund」を開始する計画を発表した。

Vanguardによると、本ファンドは「環境意識の高い、リスク許容度の高い投資家」を対象としており、幅広く分散されたポートフォリオを補強することを目的としている。

2022年第4四半期に発売が予定されている本ファンドは、脱炭素化のプロセスに関わり、収益の半分以上を環境変化に貢献する活動から得ている企業を集中的にポートフォリオに組み入れる予定である。

新ファンドは、今夏初めに設立された、Vanguard初のアクティブ運用インパクトファンドである「Vanguard Baillie Gifford Global Positive Impact Stock Fund」に続くものである。

【参照ページ】
(原文)Vanguard to Introduce Environmental Opportunities Fund
(日本語訳)投資運用会社Vanguard、低炭素社会への移行機会を投資対象とするファンドを設立

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る