CA100+、石油・ガス企業のネット・ゼロ目標に向けた評価を公表

3月27日、気候変動アクション・イニシアティブClimate Action 100+(CA100+)は、石油・ガス企業向けのネット・ゼロ・スタンダード(NZS O&G)の評価結果を公表した。この評価は、2024年2月にCA100+に加盟している機関投資家にのみ公表されていた。

対象企業は、エクソンモービル(米国)、シェル(英国)、シェブロン(米国)、トタルエナジーズ(フランス)、コノコフィリップス(米国)、BP(英国)、オクシデンタル・ペトロリウム(米国)、Eni(イタリア)、レプソル(スペイン)、Suncor Energy(カナダ)である。

報告書によれば、投資家は企業の移行リスクを正しく評価するためには情報開示が不十分であると指摘している。トタルエナジーズが52%で最高のスコアを獲得したが、Suncor Energyは0%で最低であり、全体の平均は19%でした。さらに、IEAの2050年ネット・ゼロシナリオに合致している企業はなく、企業間でのばらつきも大きいと報告された。

欧州大手5社と北米大手5社を比較した結果、欧州大手企業の方が気候変動対策への情報開示を積極的に行っており、投資を増やしていることが示された。一方で、北米企業は気候変動対策を評価する指標の3%しか満たしていなかった。

企業ごとの移行戦略も異なっており、9社中2社しか具体的なメタン排出量削減戦略を掲げていなかった。また、1社は移行戦略を「中和(ニュートラライゼーション)」に依存していることが報告された。

同報告書では、石油・ガス企業に対して情報開示と移行計画の改善を求めており、「スコープ3を含む目標設定」や「移行計画の影響を考慮した生産量の予測」などの具体化を呼びかけている。特に、「北米企業における再生可能エネルギーを含む代替エネルギーの確保」の重要性を強調している。

【参照ページ】
(原文)CLIMATE ACTION 100+ PUBLISHES NET ZERO STANDARD FOR OIL & GAS COMPANY ASSESSMENTS ALONGSIDE ANALYSIS

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る