UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

海

5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析したレポートを発行した。 世界経済の脱炭素化という環境上の要請に加えて、活動に伴う金融、風評、規制、オペレーション、物理的リスクの領域を考慮し、金融機関がこの分野にどのように関わり、対応すべきかを論じている。

本書は、海洋石油・ガス事業に関連するリスクを理解し、化石燃料からの脱却を目指す銀行、保険会社、投資家向けに作成された、科学的根拠に基づく実践的な資料である。また、本資料は、UNEPが連続発行している、海洋経済(ブルーエコノミー)に関する一連の分析レポートの一部である。

2050年までにネット・ゼロに到達するためには、世界の温室効果ガスの排出を迅速かつ持続的に削減し、化石燃料からの抜本的な転換を図る必要がある。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、COP26で合意されたように、地球温暖化を1.5℃に抑えるためには、石油・ガスの新規生産事業は許可せず、既存の生産事業は持続可能な再生可能エネルギーに置き換えなければならないとしている。

【参照ページ】
HARMFUL MARINE EXTRACTIVES: OFFSHORE OIL & GAS

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る