Air Canada、カーボン・エンジニアリングに約9.5億円を投資

Air Canada、カーボン・エンジニアリングに約9.5億円を投資

11月17日、Air Canadaは、産業規模で大気から直接炭素を回収する技術の開発を支援するため、気候技術ソリューション企業のカーボン・エンジニアリング(CE)に675万ドル(約9.5億円)を投資したことを発表した。

カナダに拠点を置くCEは、独自のDAC(Direct Air Capture)技術の展開に注力している。DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出し、原料として使用するか、貯蔵と組み合わせて永久に除去するものである。

今年初めに発表されたIPCCの画期的な気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法は今後数十年にわたって年間数十億トンにまで拡大し、DACはその大部分を占める可能性があるとされている。

回収された二酸化炭素は、地中深くに永久保存されるか、あるいはCEのAIR TO FUELS技術により大気中の二酸化炭素とクリーンな水素を結合させ、持続可能な航空燃料(SAF)などの超低炭素輸送燃料の生産に利用することができる。

今回の投資は、Air Canadaが昨年発表した、DAC、SAF、炭素除去技術などの機会を模索し、航空機の脱炭素化ソリューションを推進するためにCEと協力する合意を受けてのものである。

Air Canadaは昨年、2050年までに全世界で温室効果ガス排出量(GHG)をネット・ゼロにすることを約束するとともに、2030年までにフライトによるGHG純減20%と地上業務によるGHG純減30%を達成する暫定目標、およびSAFと炭素削減・除去に5000万ドル(約70.8億円)を投資する誓約を含む一連のサステナビリティ目標を発表している。

【参照ページ】
(原文)Air Canada Invests in Canadian Technology that Captures Carbon Directly from the Air to Fight Climate Change
(日本語訳)エア・カナダ、気候変動対策として空気中の炭素を直接捕捉するカナダの技術に投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る