英国空軍、100%SAFを使用したマイルストーン・フライトを達成

RAF、100%持続可能な航空燃料を使用したマイルストーン・フライトを達成

11月18日、英国国防省は、英国空軍(RAF)がAirbusA330の軍用仕様機であるRAFボイジャーで100%サステナブル航空燃料(SAF)フライトを完了したと発表した。同規模の軍用機で全エンジンに100%SAFを使用した90分間のフライトは史上初であり、英国内のあらゆる種類の航空機で初めてである。

SAFは、現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空業界の脱炭素化に貢献する重要なツールのひとつと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、従来の燃料と比較して最大80%の温室効果ガス排出量の削減が可能であると見積もっている。

今回のSAFによるフライトは、英国政府が7月に発表した2050年までに航空機の運航を完全にゼロにする戦略「ジェットゼロ」に続くもので、SAFの需要と供給の促進が重要な優先事項として位置づけられている。今年初め、政府は、2023年末までに100%持続可能な航空燃料を使用した史上初の排出量ゼロの大西洋横断飛行を実現するという公約を発表し、燃料製造コストの高さ、インフラと生産の規模拡大のための多額の投資の必要性、原料の入手性など、SAF利用拡大への障壁を解決する一連の取り組みの概要を明らかにした。

また今回のフライトは、持続可能な航空燃料の一連のマイルストーンの中で最新のものである。昨年末、United Airlineは、100%SAFを搭載したエンジンによる史上初の旅客飛行の完了を発表し、2022年6月には、再生可能燃料供給会社Neste、地域航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会社Braathens Regional Airlinesが、民間地域航空機で史上初の100%SAF搭載試験飛行を完了したと発表している。

【関連記事】United Airlines、100%持続可能な航空燃料(SAF)で動くエンジンを搭載した初の旅客便に成功
Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

英国国防省によると本フライトは、RAF、防衛装備支援(DE&S)機関、および業界パートナーのAirbus、AirTanker、Rolls-Royceの共同努力で、燃料はAir bpによる供給であるという。

【参照ページ】
(原文)Royal Air Force completes world-first sustainable fuel military transporter flight
(日本語訳)英国空軍、世界初のSAFによる軍用輸送機の飛行を完了

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る