英国空軍、100%SAFを使用したマイルストーン・フライトを達成

RAF、100%持続可能な航空燃料を使用したマイルストーン・フライトを達成

11月18日、英国国防省は、英国空軍(RAF)がAirbusA330の軍用仕様機であるRAFボイジャーで100%サステナブル航空燃料(SAF)フライトを完了したと発表した。同規模の軍用機で全エンジンに100%SAFを使用した90分間のフライトは史上初であり、英国内のあらゆる種類の航空機で初めてである。

SAFは、現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空業界の脱炭素化に貢献する重要なツールのひとつと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、従来の燃料と比較して最大80%の温室効果ガス排出量の削減が可能であると見積もっている。

今回のSAFによるフライトは、英国政府が7月に発表した2050年までに航空機の運航を完全にゼロにする戦略「ジェットゼロ」に続くもので、SAFの需要と供給の促進が重要な優先事項として位置づけられている。今年初め、政府は、2023年末までに100%持続可能な航空燃料を使用した史上初の排出量ゼロの大西洋横断飛行を実現するという公約を発表し、燃料製造コストの高さ、インフラと生産の規模拡大のための多額の投資の必要性、原料の入手性など、SAF利用拡大への障壁を解決する一連の取り組みの概要を明らかにした。

また今回のフライトは、持続可能な航空燃料の一連のマイルストーンの中で最新のものである。昨年末、United Airlineは、100%SAFを搭載したエンジンによる史上初の旅客飛行の完了を発表し、2022年6月には、再生可能燃料供給会社Neste、地域航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会社Braathens Regional Airlinesが、民間地域航空機で史上初の100%SAF搭載試験飛行を完了したと発表している。

【関連記事】United Airlines、100%持続可能な航空燃料(SAF)で動くエンジンを搭載した初の旅客便に成功
Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

英国国防省によると本フライトは、RAF、防衛装備支援(DE&S)機関、および業界パートナーのAirbus、AirTanker、Rolls-Royceの共同努力で、燃料はAir bpによる供給であるという。

【参照ページ】
(原文)Royal Air Force completes world-first sustainable fuel military transporter flight
(日本語訳)英国空軍、世界初のSAFによる軍用輸送機の飛行を完了

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る