Steel Dynamics、北米鉄鋼業界で過去最大の再生可能エネルギー契約を締結

Steel Dynamics、北米鉄鋼業界で過去最大の再生可能エネルギー契約を締結

7月31日、米国を拠点とする鉄鋼メーカーで金属リサイクル業者のSteel Dynamicsは、NextEra Energy Resourcesの子会社と、北米鉄鋼業界にとって過去最大となる308MWの再生可能エネルギー製品購入契約(RPPA)を締結したと発表した。

製鉄は、世界的に最もCO2を排出する企業のひとつであり、同部門からの温室効果ガス総排出量(GHG)は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7~9%を占めている。

Steel Dynamicsは、リサイクル鉄スクラップを主原料とする電気炉(EAF)技術を用いて鉄鋼を生産しており、バージン鉄鉱石の製錬や石炭の燃焼を必要としないため、従来の高炉製鋼技術に比べてエネルギー集約度が低く、二酸化炭素排出量が大幅に少ない。

テキサス州にあるこの新しい風力発電所は、2024年に稼働する予定で、年間約110万MWhの電力を生産する見込みである。これは、Steel Dynamicsの年間電力使用量の16%に相当し、2025年までに再生可能エネルギーによる電力を10%にするという目標を上回り、2030年の目標である30%に近づくことができる。

本目標は、2050年までに電気炉(EAF)製鉄所の操業でカーボンニュートラルを達成するという同社の目標とともに、2021年に設定された。

【参照ページ】
(原文)Steel Dynamics Accelerates Progress Towards Decarbonization Goals with Renewable Energy
(日本語参考訳)Steel Dynamics、北米鉄鋼業界で過去最大の再生可能エネルギー契約を締結

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る