欧州理事会、市民保護のあり方に関する「ヴェルサイユ宣言」を採択

3月10日、11日、欧州連合(EU)首脳は非公式会議において、「ヴェルサイユ宣言」を採択した。本宣言ではEUが責任を果たし、EU市民・価値観・民主主義・欧州モデルを守るにはどうすればよいかをまとめている。

同宣言は、ロシアのウクライナにおける軍事作戦を対象とし、EUがいかにして防衛力を強化しエネルギー依存度を下げ、より強固な経済基盤を構築できるかを概説している。

EU首脳は、ウクライナの人々が自国と自由と民主主義という共通の価値を守っていることを称賛し、政治的・財政的・物質的・人道的な支援と、民主的なウクライナの再建のための支援を協調して提供し続けることを表明した。

またEU加盟国は、ウクライナからのすべての戦争難民に一時的な保護を提供しており、難民とその受け入れ国に対して、引き続き連帯を示し、支援を提供することを約束する。EU首脳は、欧州における難民のための結束行動(CARE)に関する提案の迅速な採択とReactEUを通じて資金を提供するよう求めた。

加えて、EU首脳はロシアに対し、 国際人道法の下での義務を完全に遵守し、ウクライナの犠牲者と国内避難民に対する安全かつ人道的なアクセスを確保し、退去を希望する民間人の安全な通行を許可することを要求した。

【参照ページ】
Informal meeting of the Heads of State or Government Versailles Declaration

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る