Fidelity、健康・ウェルネスに特化した新しいファンドでESG投資を拡大

5月31日、Fidelity(以下、フィデリティ)は、「フィデリティ・ヘルシー・フューチャー・ファンド(FAPHX)」の運用開始を発表した。

本アクティブ運用の株式戦略は、寿命の延長や改善、人々の健康やウェルネスの向上、健康やウェルネスに影響を与える環境への悪影響の軽減につながると考えられる製品、サービス、技術を持つ世界中の企業への投資を目指す。本ファンドは、ヘルスケア、栄養、メンタルヘルス、大気汚染防止、住宅などのテーマに投資する予定だ。

また、本ファンドは、第三者のESG評価に加え、フィデリティ独自のESG評価の枠組みを使用する。フィデリティが2020年に開始したESG格付けの枠組みは、現状と将来の可能性の両方を判断することを目的としており、当社のESGおよび株式・債券のファンダメンタルズ・アナリストによる分析と議論を活用して、過去と現在のデータに基づく定量評価と、発行体の持続可能性の見通しに関する前向きな定性評価という、異なる二つの評価を策定している。

今回の導入により、フィデリティはESGに特化した23の投資信託とETFを提供する。サステナブル投資商品群は、気候変動対策、代替エネルギー、水、女性のリーダーシップなど特定のESGテーマを対象としたファンドと、複数のESGテーマを網羅した広範なサステナブルファンドで構成されている。

【参照ページ】
(原文)Fidelity Expands Its Sustainable Investment Products Lineup With the Launch of Fidelity Healthy Future Fund

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る