Vanguard、約37兆円の資産をネット・ゼロの目標に整合

5月27日、世界最大級の資産運用会社であるVanguard(以下、バンガード)は、同社のアクティブ運用資産1.7兆ドル(約220兆円)のうち17%にあたる2900億ドル(約37兆円)を、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標に沿って投資していることを発表した。

本発表は、2050年までに温室効果ガスの排出をネット・ゼロにするという目標を支援することを約束した資産運用会社の連合体「Net Zero Asset Managers initiative(NZAM)」に対するバンガードの取り組みの一環として行われたものだ。2020年12月の発足以来、273の資産運用会社が本イニシアティブに署名しており、61兆ドル(約8,000兆円)以上のAUMを代表している。バンガードは昨年初めにこのイニシアティブに参加した。
NZAMが提供した最新報告書では、資産運用会社がネット・ゼロ目標に向けた資産の計画・調整努力を開始する中で、イニシアティブ開始後18カ月間に浮上したいくつかのテーマについて議論し、主にパッシブ投資戦略中心の資産運用会社がネット・ゼロ調整への資産移行で直面している課題を浮き彫りにしている。

バンガードのAUMのうち、5兆ドル(約645兆円)以上はインデックス株式資産である。バンガードによると、アップデートにおいて、これらの資産は最初のNZAMコミットメントに含まれないとしながらも、インデックス株式資産の70%以上が、排出削減目標を公表している企業に投資されており、投資管理チームが、インデックスファンドで保有している企業の取り組みに関与していくという。

【参照ページ】
(原文)Vanguard commits $290 bln of assets to be net-zero by 2050
(日本語訳)Vanguard、2,900億ドルの資産をネット・ゼロの目標に整合させる

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る