コカ・コーラ、主要飲料ブランドを100%再生ペットボトル化

コカ・コーラ、主要飲料ブランドを100%再生ペットボトル化

5月10日、食品大手コカ・コーラのニュージーランド法人コカ・コーラ・オセアニアと、欧米・アジア飲料大手コカ・コーラ・ヨーロッパパシフィック・パートナーズ(CCEP)フィジー法人は、ボトル内の再生プラスチック量を増加させる新たなステップを発表した。

各社は共同で、1リットル以下のプラスチック製ペットボトルに再生プラスチックを100%使用する。対象ブランドは、コカ・コーラ、スプライト、ファンタ、POWERADE、ミニッツメイド、シュウェップスである。これにより、フィジーの飲料ブランドの半分以上が100%再生プラスチック製になった。

CCEPフィジーは、1999年からフィジーウォーターとMotibhaiの協力のもと、ミッション・パシフィックのペットボトル・缶回収スキームを運営している。回収業者は、フィジー全土の3カ所でペットボトルと缶を回収し、回収代金を支払う。

また、コカ・コーラは2021年、オーストラリア・ニュージーランド・パシフィック・プラスチック協定の創設署名者にもなっている。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Oceania and Coca-Cola Europacific Partners Fiji announce major commitment to step up use of recycled plastic
(日本語訳)コカ・コーラ・オセアニアとコカ・コーラ・ヨーロッパパシフィック・パートナーズ フィジーが再生プラスチックの使用拡大に向けた大きな取り組みを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る