Planet Tracker、大手消費財企業3社を分析。グリーンウォッシングのリスクと気候移行計画の詳細の欠如が判明

Planet Tracker、大手消費財企業3社を分析 グリーンウォッシングのリスクと気候移行計画の詳細の欠如が判明

8月17日、Planet Trackerは、投資家が企業の気候変動移行計画を比較し、2030年までに1.5℃を達成するためのベストプラクティスを特定できるよう、時価総額5,380億米ドル(約80兆円)の大手消費財企業3社を対象とした統合分析を発表した。

Planet Trackerは、CDPを含む最も利用可能なフレームワークや情報開示と整合する、独自の強固な評価フレームワークを用いて、上流のスコープ3排出に効果的に取り組んでいない組織的な失敗を明らかにした。

本報告書は、SBTiの推奨レベルの1.5倍を超える経路にあることが判明したユニリーバの、特に上流におけるスコープ3排出量のより包括的な緩和戦略、報酬とサステナビリティ目標との関連性、炭素価格メカニズムに関連する財務リスクに関する包括的な情報開示を示している。

また、Planet Trackerは、下流における「任意」のスコープ3排出量、すなわち、企業ブランドとともに他の製品やサービスを使用することによって生じる排出量を含めた場合の、各社の排出量の大きさも計算した。

その結果、ユニリーバ、コルゲート・パルモリーブ、P&Gの排出量は、オプションの間接排出を考慮すると、それぞれ最大3倍、5倍、8倍になることがわかった。例えば、P&Gの総排出量は26MTCO2eであるが、下流のスコープ3排出量を含めると200MTCO2eに増加し、これはフランスの国家排出量にほぼ匹敵する。

Planet Trackerは、下流域の排出量を測定し、影響を与えることの難しさを指摘する一方で、ユニリーバが輸送や流通など、同社がコントロールできる下流域のスコープ3排出量を目標に含めていることを評価している。しかし、金融シンクタンクは、川下の間接的な排出はコントロールが難しいため、各社の移行目標に含めることを推奨していない。

Planet Trackerは、現在の排出傾向を継続すると、ユニリーバは過去の年間営業利益の14%(15億米ドル)、コルゲート・パルモリーブは利益の30%(11億米ドル)、P&Gは利益の51%(67億米ドル)を失う可能性があると見積もっている。

Planet Trackerは、これらの大手消費財企業や他の同業他社に対し、無策に伴う経済的・市場的リスクが大きいことを考慮し、上流のScope 3排出量の削減を優先するよう求めている。

ユニリーバ、コルゲート・パルモリーブ、P&Gの比較分析は、食品、パーソナルケア、ホームケア部門のトップ消費財ブランドのテーマ別分析である。この分析は、Planet Trackerがクライメート・アクション100+リストに掲載された消費財企業の気候変動移行計画を調査する包括的なシリーズに続くものである。これまでの個別分析では、ユニリーバ、コルゲート・パルモリーブ、P&Gを含む多くの企業が、パリ協定で設定された重要な目標を達成できない状況にあることが明らかになっており、効果的なスコープ3排出削減の緊急性がさらに強調されている。

【参照ページ】
(原文)ANALYSIS OF FMCG GIANTS FINDS GREENWASHING RISK AND A LACK OF DETAIL IN CLIMATE TRANSITION PLANS
(日本語訳)Planet Tracker、大手消費財企業3社を対象とした統合分析を発表 気候変動移行計画を比較

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る