デンマークとインド、グリーン燃料推進で提携

1月8日、デンマーク政府とインド政府は、持続可能なエネルギーソリューション分野における両国間の協力関係を強化し、カーボンニュートラルに向けた世界的な共同目標を推進するため、グリーン燃料アライアンス・インディア(GFAI)を発足するをと発表した。在インド・デンマーク大使館および総領事館が主導する。

本提携は、インドとデンマーク双方の企業、政府機関、研究機関、金融関係者の協力を促すエコシステムを確立することにより、インドにおける持続可能なエネルギー成長を促進することを目的とする。

すでにデンマークの先駆的な9つの組織がGFAIの創設メンバーとして参加。参加企業は、マースク、トップソー、ウムヴェルト・エナジー、マッシュ・メイクス、ヨーロピアン・サステナブル・ソリューションズ、ノボザイムズ、ダンフォス、Brdr. Christensen、Hydrogen Denmark。GFAIの諮問委員会メンバーには、インド水素アライアンス、インド工科大学マドラス校エネルギー・コンソーシアム、デンマーク・エネルギー庁、ステート・オブ・グリーンが含まれる。

GFAIの発表は、インドが2070年までにカーボンニュートラルの達成に向けて大きく動き出している、歴史上絶好のタイミングに行われた。一方、デンマークは世界の気候パフォーマンス・ランキング2024で首位に立ち、2050年までにカーボンニュートラルの達成を目指している。

GFAIは、2020年にインドとデンマークの間で締結されたグリーン戦略パートナーシップ(GSP)の下で、パートナー国の野心的な気候目標を達成するための活動を示すもの。インドは、2070年までにカーボンニュートラルの達成に向けて大きく動き出しており、デンマークは世界の気候パフォーマンス・ランキング2024で首位に立ち、2050年までにカーボンニュートラルの達成を目指す。

【参照ページ】
(原文)Denmark announces alliance on green fuels in India
(日本語参考訳)デンマークとインド、グリーン燃料推進で提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る