S&P GlobalとNovata、プライベート・マーケット投資家へのESGデータ提供で提携

 

9月21日、S&P GlobalとNovataは、プライベート市場の投資家に金融・ESGデータの両方を収集・管理するソリューションを提供することを目的とした新しい戦略提携を発表した。

本パートナーシップの下、Novataのプラットフォームは、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの顧客が、S&PグローバルMIのオルタナティブ投資に特化したポートフォリオ・モニタリング・ソフトウェア・ソリューションであるiLEVELを通じて利用できるようになる予定である。

S&P グローバルは、フォード財団、資産運用会社ハミルトン・レーン、社会変革に焦点を当てた投資会社オミダイア・ネットワークとともに、昨年のNovataの立ち上げを支援した。ジェネラル・パートナー(GP)およびリミテッド・パートナー(LP)との協働で開発された本プラットフォームは、プライベート市場の投資家にESG測定、データ収集、ベンチマーキング用のソリューションを提供し、ESGデータに関する報告を可能にするよう設計されている。

両社によると、本パートナーシップにより、GPとLPの投資家は財務データとESGデータを一箇所で管理し、ESGデータの財務的重要性を評価することができ、ステークホルダーのための重要なデータ収集プロセスを容易にするのに役立つ。

【参照ページ】
(参考記事)Novata and S&P Global Market Intelligence Announce Strategic Partnership to Enable Collection and Management of Financial and ESG Data for Private Market Investors

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る