花王、発酵生産によるバイオ芳香族化合物「没食子酸」の販売開始

12月13日、花王は、微生物を利用した発酵生産によって、糖からバイオ没食子酸を製造することに成功したと発表した。芳香族化合物のひとつである没食子酸(ぼっしょくしさん)は、酸化防止剤や半導体の回路形成の原料として使用されるなど工業的に重要な素材である。

没食子酸は、植物ポリフェノールのひとつで、ボイラー用防サビ剤や半導体の回路形成の原料などに幅広く利用されている工業的に重要な芳香族化合物。しかし、現在はウルシ科植物にフシムシが寄生してできる虫こぶ(五倍子)から抽出して製造するため、収量が天候に左右されやすく、生産地も限定されている。没食子酸をはじめとする芳香族化合物を人工的に製造するには、複雑な工程を要するため、商業的な製造例は限られてきた。

花王は今回、長年培ってきた洗剤用酵素生産研究の知見を活かした発酵生産技術により、没食子酸を高効率で生産することに成功。バイオ没食子酸として2023年12月から日本での販売を開始し、アジアや欧州など海外での販売も予定している。また、将来的には没食子酸以外の芳香族化合物の発酵生産も行う予定である。

【参照ページ】
発酵生産によるバイオ芳香族化合物「没食子酸」の販売開始 工業的に重要な化学素材を安定供給へ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る