英政府、水産業のサステナビリティ向上制度を再スタート

英政府、水産業のサステナビリティ向上制度を再スタート。

4月13日、英政府は国内資金援助制度を継続し、水産業を支援することを発表した。英国全土の水産業の長期的な持続可能性、回復力、繁栄を支援するため、Fisheries and Seafood Scheme(FaSS)がリニューアルされた。

昨年初めて実施された同制度の成功を受け、2025年4月まで毎年少なくとも600万ポンド(約9億9000万円)の資金が確保され、同部門への長期的な投資となった。本制度は、世界有数の水産業において、事業の回復力を高め、持続可能性を向上させるプロジェクトに資金を提供し、漁獲、加工、養殖部門における食品生産者への支援をさらに強化するものであり、様々な水産業、海洋事業、慈善団体、その他の組織に対して500以上のプロジェクトが承認された、本制度の初年度の活動を基礎とするものである。

本年度は、ガイダンスの簡素化、小規模事業者への資金提供の強化、この分野のニーズにより焦点を当てた資金提供などの改善がなされた。今後3年間は、定期的な見直しにより、FaSSは水産業界全体からのフィードバック、政策の進化、業界のニーズを反映し、進化し続けることが予定されている。

本制度は、英政府の環境・食糧・農村地域省(Defra)に代わって海洋管理機関 (MMO)が引き続き管理する。MMOは、申請希望者にアドバイスとサポートを提供するためのチームを編成。

DefraとMMOは、産業界と協力し、漁獲、加工、養殖セクターの持続的成長を実現し、沿岸のビジネスとコミュニティを後押しするために、FaSSを通じて資金援助を提供し続ける予定である。さらに、FaSSは、特定の政策に基づき、より柔軟なプロジェクトの募集を通じて、一部の資金を提供する。

【参照ページ】
(原文)Fisheries and Seafood Scheme Re-Launches
(日本語訳)漁業と海産物のスキームが再スタート

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る