東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カーボンニュートラル・トップリーグ整備事業委託費(カーボン・クレジット市場の技術的実証等事業)」をグループ傘下の東京証券取引所が落札したと発表した。

今回の落札は、中期経営計画2024の重点施策である「社会と経済を繋ぐサステナビリティの推進」の取り組みとして掲げる「カーボン・クレジット市場創設に向けた貢献」を受けたものである。

東京証券取引所は、今年9月から経済産業省より本事業の委託を受け、カーボン・クレジットの試行取引を開始する。

【参照ページ】
経済産業省委託事業「カーボン・クレジット市場の技術的実証等事業」の落札について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る