フランス初の洋上風力発電所を建設 2022年末から運転開始予定

4月13日、フランス初の洋上風力発電所「サン・ナゼール洋上風力発電所」がフランス初の洋上風力タービンを建設すると発表した。洋上風力発電所全体が2022年末までに試運転される予定であるため、作業は進行中である。

2022年末までに、480MWのサン・ナゼール洋上風力発電所は、ロワール・アトランティック地方の年間総電力消費量の20%に相当する発電を開始する見込みである。また、2030年までに全エネルギーの33%を再生可能エネルギーでまかない、2050年にはネット・ゼロとするフランスの目標達成にも貢献することになる。

サン・ナゼール洋上風力発電所をきっかけに、洋上風力発電産業全体が本格的に始動する。発電機は、サン・ナゼールに近いモントワール・ド・ブルターニュにあるGEリニューアブル・エナジーの工場で組み立てられ、400人の雇用を提供した。3年にわたる建設プロジェクトの様々な段階を経て、フランスではすでに2,300人の雇用が創出されている。

サンナゼール洋上風力発電所をはじめ、当社がフランスで推進する3つの洋上風力発電プロジェクト(うち2つはフェカンとコースユール・シュル・メール沖で建設中)は、2030年までに全世界の再生可能エネルギー設備容量を2015年の2倍の60GWとするEDFグループのCAP2030戦略に完全に合致しているという。

【参照ページ】
(原文)Saint-Nazaire offshore wind farm : France’s first offshore wind turbine has been erected
(日本語訳)サンナゼール洋上風力発電所:フランス初の洋上風力発電機の設置が完了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る