ESMA、持続可能な投資ファンドの監督に関するガイダンスを提示

5月31日、EUの市場規制機関である欧州証券市場庁(ESMA)は、サステナビリティを特徴とする投資ファンドの調整を目的とした新しい監督上のガイダンスを発表した。同報告書には、持続可能な投資ファンドのマーケティングと名称、およびファンドマネジャーによる持続可能性リスクのポートフォリオとリスク管理への統合に関して、各国所轄官庁(NCA)が実施すべき一連の要件案が含まれている。

EUの規制当局は、持続可能な成長のための資金調達に関するEU行動計画の主要な要素である「サステナブル・ファイナンス開示規則(SFDR)」とEUタクソノミに沿った規則の導入を進めており、本ガイダンスはその一環だ。

持続可能な投資商品のマーケティングに関する提案には、投資家に提供する情報が「正確、公正、明確、誤解を招かない、シンプルかつ簡潔」であること、資産の選定に使用する環境・社会基準に関しては、ファンドマネージャーを実際に拘束するものだけを開示することなどが含まれている。

本ガイダンスには、ファンド名の監督に関する提案が含まれている。ファンド名における「ESG」「グリーン」「サステナブル」「ソーシャル」「エシカル」「インパクト」などの用語の使用は、ファンドの目的や投資戦略における持続可能性の特徴を示す証拠によって裏付けられた場合にのみ使用できる。

8月から、EUのすべての公認ファンドマネージャーは、ポートフォリオとリスク管理プロセスにサステナビリティ・リスクを組み込む必要がある。ESMAによると、大規模なファンドマネージャーはポートフォリオのサステナビリティ・リスクを評価するツールを既に持っているのに対し、中小規模のマネージャーは新規則の遵守に苦労する可能性がある。規制当局への提案には、運用会社による内部方針の定期的な見直し、監督当局による方針と手続きの実施について「机上及び/又は現場でのレビュー」が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Supervisory briefing

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る