Bloomberg、パリ協定に基づく一連のベンチマーク・インデックスを発表

6月1日、ビジネスおよび金融市場情報サービスプロバイダーのBloomberg(以下、ブルームバーグ)は、ブルームバーグ気候インデックス・ファミリーに一連の新インデックスを導入すると発表した。

本インデックスには、幅広い時価総額、地域、企業、ソブリンカテゴリーにまたがる7つの株式インデックスと12の債券インデックスが含まれている。

EUの規則により、パリ協定ベンチマーク(PAB)と表示される指数は、パリ協定の長期気候目標に合致するような資産選択基準を満たす必要がある。基準には、温室効果ガス(以下、GHG)排出強度を市場指数と比較して最低50%削減し、年間GHG排出強度を最低7%削減することなどが含まれる。

ブルームバーグのPABサービスは、5万社以上の企業に関するGHG排出量データ(企業報告データおよび排出量を報告していない企業の推定値を含む)に裏打ちされている。ブルームバーグのGHG排出量推定モデルでは、各推定値のデータの品質と利用可能性を示す推定値の分布と信頼度スコアを提供する。

同社は、ブルームバーグ気候インデックス・ファミリーは、ベンチマーク、資産配分、商品作成の目的で利用でき、インデックスは、流動性要件、脱炭素化の軌道、追加のESG除外など、個々の投資家のニーズに合わせてカスタマイズできるとしている。

【参照ページ】
(原文)Bloomberg Launches New Indices in Climate Index Family
(日本語訳)ブルームバーグ、気候指数ファミリーの新指数を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る