インパクト分析機関Impak Ratings、Societe Generaleから6億円超を調達

Impak Ratings、Societe Generaleから6億円超を調達

9月30日、インパクト評価・分析プロバイダーのImpak Ratingsは、Societe Generaleのベンチャーキャピタル部門であるSociete Generale’s ventureやインパクトに特化したベンチャー投資家Altalurra Venturesなどの投資家から、シリーズA資金調達ラウンドで450万ユーロ(約6億4,322円)を調達したと発表した。

Impak Ratings は、新たな投資家とも提携している。Societe Generaleのグローバル バンキング&アドバイザリー部門は、2021年12月、主要な企業顧客すべてに対する環境・社会影響分析の提供者としてImpak Ratingsを選定した。Altalurraは、Impakと機関投資家向けの影響評価に関する共同開発契約を締結している。

2019年に立ち上げられ、モントリオールとパリに拠点を置くImpak Ratings は、拡張知能を活用して金融セクターにインパクト分析を提供し、17の国連持続可能な開発目標(SDGs)に焦点を当て、企業がいかにネガティブインパクトを軽減し、ポジティブインパクトを生み出すかを評価する。同社は、企業のビジネスモデルに対するESGリスクだけでなく、企業が環境や社会に与える影響も考慮するダブル・マテリアリティ・アプローチを推進している。

Impak Ratingsは、”欧州を代表するインパクト分析・格付け機関であることを目指す “と述べている。

【参照ページ】
(原文)Societe Generale and Altalurra Ventures invest in impak ratings, a leading impact analysis and rating agency in Europe.
(日本語訳)Impak Ratings、Societe Generaleから6億円超を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る