石油・ガス会社18社、サイバーレジリエンスに関する共同行動を約束

5月25日、石油・ガスの主要関係者は初めて、有害なサイバー攻撃を阻止するために業界が団結するよう呼びかけた。

本行動は、重要インフラの脆弱性を浮き彫りにした、過去2年間の大規模なセキュリティ侵害に対応するものである。世界経済フォーラム年次総会2022で、18社が集まり、より多くの集団的な備えが必要であることを認識し、サイバーレジリエンスの誓約を行った。

本誓約は、業界のエコシステム全体でサイバーレジリエンスを強化するためのグローバルなコミットメントの動員を目的としている。本誓約を支持する組織は、サイバーレジリエンスに関して協力し、集団行動を取ることを約束する。世界経済フォーラムの「石油・ガスにおけるサイバーレジリエンス」イニシアティブに関わる組織の支援を受けて開始された本誓約は、組織が業界全体のサイバーレジリエンスを強化するための具体的なステップを踏み出せるようにすることを目的としている。

誓約に加盟した組織は、Aker ASA、Aker BP、Aramco、Check Point Software Technologies、Claroty、Cognite、Dragos、Ecopetrol、Eni、EnQuest、Galp、Global Resilience Federation、Maire Tecnimont、Occidental Petroleum、OT-ISAC、Petronas、Repsol、Suncorの18社だ。

世界経済フォーラムのサイバーセキュリティセンター長であるアレキサンダー・クリンブルグによると、石油・ガスのバリューチェーンにおける主要なCEOによって初めて承認されたサイバーレジリエンス誓約は、サイバーレジリエントな業界エコシステムの構築の複雑さを認識し、その実現に向けて集団行動を起こすことを意味する画期的なステップであり、今後、この誓約を他の産業にも拡大していくことを楽しみにしているという。

【参照ページ】
(原文)Global CEOs Commit to Collective Action on Cyber Resilience
(日本語訳)世界のCEOがサイバーレジリエンスに関する共同行動を約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る