Saleceforce、買収したSlackを統合した最新のサステナビリティ・クラウドを発表。ネット・ゼロも達成

Salesforce-Sustainability-Cloud

CRMソリューションを提供するSaleceforceは、バリューチェーン全体でのネット・ゼロ・エミッションの達成や、事業活動における再生可能エネルギーの100%活用など、サステナビリティに関するいくつかの成果を発表した。また1.5℃の未来に向けた主要な優先事項を示した気候行動計画を発表し、二酸化炭素排出量の追跡と削減を可能にするプラットフォームを更新したSustainability Cloud 2.0のリリースを発表した。

今回の発表は、Saleceforceによるサステナビリティに焦点を当てた一連の取り組みの


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る