Ascend Elements、米国新工場建設に向け240億円超を調達

持続可能な電池材料のアセンド・エレメンツが米国新工場建設に向け約243億円を調達

2月20日、クローズドループ電池材料ソリューション・プロバイダーのAscend Elementsは、新たな株式投資で1億6200万ドル(約243億円)を調達したと発表した。本資金は、ケンタッキー州に100万平方フィートの持続可能なリチウムイオン工場を新設するための支援に充てられる。

2015年に設立されたマサチューセッツ州ウェストボローに本拠を置くAscend Elementsは、EVバッテリーのリサイクルからリチウムイオン電池前駆体(pCAM)と正極活物質(CAM)の商業規模生産まで、クローズドループ型電池材料ソリューションを提供している。同社は、使用済みリチウムイオン電池から新しい正極材料を製造しており、現行の方法よりも効率的な独自技術を活用することで、低コスト、性能向上、排出量削減を可能にしている。

Ascend Elementsによると、ケンタッキー州ホプキンスビルを拠点とする新プロジェクト「エイペックス1」は、2025年初頭に開業予定で、北米初の持続可能なpCAM製造施設となり、年間最大75万台のEV向けに持続可能なpCAMとCAMを生産する。本プロジェクトは、米国エネルギー省と超党派インフラストラクチャー法から一部支援を受けている。

新たな資金調達ラウンドの主要投資家には、ジャスト・クライメート、クリアビジョン・ベンチャーズ、IRONGREYが含まれる。2023年9月にDecarbonization Partners、テマセク、カタール投資庁が主導した5億4200万ドル(約816億円)の資金調達ラウンドに続き、今回の新たなエクイティファイナンスにより、同社の12ヶ月間の資金調達総額は7億400万ドル(約1,060億円)に達した。

【参照ページ】
(原文)Ascend Elements Raises Additional $162 Million to Build Sustainable Lithium-Ion Battery Materials in United States
(日本語参考訳)Ascend Elements、米国新工場建設に向け240億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る