Bloomberg、「Bloomberg Carbon Network」のインド支部を設立

Bloomberg、「Bloomberg Carbon Network」のインド支部を設立

2月6日、Bloombergは、「Bloomberg Carbon Network」のインド支部立ち上げを発表した。2022年に設立され、シドニー、シンガポール、香港に支部を持つBloomberg Carbon Networkは、関係者が集まり、トレンドについて議論し、洞察を共有し、炭素市場における強固でグローバルな専門知識の発展を支援するためのフォーラムである。

インド支部の設立は、既存のBloomberg Carbon Network支部の進展を踏まえたもので、すでに企業、金融機関、シンクタンク、規制当局を代表する250名以上の専門家が集まり、インドにおける炭素市場の発展を支援している。本ネットワークは2023年を通じて、ニューデリーやムンバイなどでイベントを開催する予定である。

本ネットワークのインドにおける最初のイベントはムンバイで開催され、専門家や市場参加者がインドの炭素市場の将来の発展について議論した。

商品市場の相互接続が進む中、本ネットワークでは、業界関係者とのネットワークセッション、炭素市場に関する独自のコンテンツや洞察、アジア太平洋地域の炭素市場の発展に焦点を当てたウェビナーやライブストリーム、その他のイベントへの限定招待を会員に提供している。

【参照ページ】
(原文)Bloomberg launches India Chapter of the Bloomberg Carbon Network
(日本語参考訳)Bloomberg、「Bloomberg Carbon Network」のインド支部を設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る