マクドナルド、農林水産省と「建築物木材利用促進協定」を締結

マクドナルド、農林水産省と「建築物木材利用促進協定」を締結

2月10日、日本マクドナルドは、農林水産省との「建築物木材利用促進協定」締結を発表した。

木材利用の拡大により2050年カーボンニュートラルの実現に貢献すること等を目的に、2021年6月に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が改正、法律の名称が「脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に変更され、同年10月に施行された。

本改正に伴い、建築物における木材利用の促進に関する構想を実現するため、建築主や建築物に関係する事業者・団体が、国又は地方公共団体と協定を締結できる「建築物木材利用促進協定」制度が創設された。

マクドナルドは以前より、林野庁が推進する国産木材の積極的活用に向けたネットワーク「ウッド・チェンジ・ネットワーク」に賛同し、新規出店、改装、建て替えをするマクドナルド店舗において、国産木材を外装および構造材で積極的に活用している。

本協定により、農林水産省・林野庁とより一層連携・協力し、さらなる国産木材の活用を推進する。

マクドナルドは建設予定のマクドナルド店舗において、一店舗当たり一定量以上の地域材を利用する設計を基本とすることを構想している。

構想の達成に向けた取り組みの内容は以下である。

  • マクドナルドは、今後建設予定の店舗において、一店舗当たり一定量以上の地域材を利用する設計を基本とし、3年間で計5,550㎥の地域材を利用することを目指す。
  • 店舗建設の際、クリーンウッド法に基づく登録木材関連事業者により合法性が確認された木材を利用する。
  • 木材利用の意義やメリットについて、積極的に情報発信する。

【参照ページ】
(原文)農林水産省と「建築物木材利用促進協定」を締結~今後建設予定の店舗において、国産木材の活用をさらに推進~

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る