欧州委員会、サステナブルなEUの観光エコシステムに向け欧州共通データベース構築へ

7月20日、欧州委員会は、欧州共通の観光データベースを構築するための構成要素を提示するコミュニケーション文書を発表した。本データベースにより、観光事業者と公的機関が幅広いデータを共有し、革新的な観光サービスの開発や観光エコシステムにおけるサステナビリティの向上、経済競争力の強化に役立てることができるようになる。

欧州共通の観光データベースでは以下が想定されている。

  • 企業、自治体、学術機関など多様な情報源からのデータ共有を促進し、公共機関やその他の関係者を集めてデータスペースの主要な特徴を形成。例えば、ホテルのエネルギー消費に関するデータは、観光地が環境に与える影響を監視するのに役立つ。
  • 幅広いユーザーによるデータ・アクセスを促進。例えば、AIを活用した観光サービスを提供するスタートアップは、より関連性の高いデータを利用できるようになる。旅行代理店は、都市、地域、国境を越えたオファーの概要を把握できる。地方自治体は、観光客の流れに関するより多くの情報を取得可能。
  • データに関する既存のEU法および国内法、ならびにEUレベルで設定された共通基準の尊重に基づき、本欧州共通の観光データベースのガバナンスのための枠組みを育成。加盟国、地方公共団体、民間部門、EUの資金援助によるEU機関など全ステークホルダーによって開発されたデータガバナンスモデルを確保。
  • モビリティ、エネルギー、環境、健康、スマートコミュニティ、文化遺産など、観光と関連性のある欧州共通のデータベースなど、データドメイン間の相互運用性を提供。

【参照ページ】
(原文)Commission boosts data sharing and innovation for a smart, sustainable and resilient EU tourism ecosystem
(日本語訳)欧州委員会、サステナブルなEUの観光エコシステムに向け欧州共通データベース構築へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る