SchrodersとGIC、脱炭素化の投資機会を特定するフレームワークを発表

SchrodersとGIC、脱炭素化の投資機会を特定するフレームワークを発表

世界的な投資会社であるSchroders(以下、シュローダー)とシンガポールの政府系ファンドであるGICは、投資家が企業のバリューチェーンにおける排出量の枠を超えて、排出量削減のための投資機会を特定・評価するための包括的なアプローチを説明した新しい研究論文「A Framework for Avoided Emissions Analysis」を発表した。

同論文によると、気候変動が今後数十年の投資テーマとして浮上しており、企業や政府の脱炭素化への取り組みが大きなチャンスとなっている一方で、投資家が用いる従来の排出削減策の多くは、スコープ1、2、3の排出量に焦点を当てており、企業のより広範な排出影響を考慮していない。

シュローダーとGICが発表した新しいフレームワークは、投資家が回避排出量を測定し、投資やポートフォリオ分析に統合できるようにすることを目的としており、経済全体の削減を促進するソリューションの開発や、高炭素活動を低炭素活動に置き換えるなど、企業の排出削減への貢献をより広く理解することができる。

Schroders社とGIC社によると、このフレームワークは系統的なバリューチェーンのアプローチを用いて、投資可能性とスケーラビリティに焦点を当てながら、産業の排出量回避への貢献度を把握している。本論文では19の炭素回避活動と産業を調査し、収益1ドルあたりの排出削減量を定量化した。

また論文内では、このフレームワークを低炭素社会への移行を加速させている企業に焦点を当てたポートフォリオに適用し、MSCI ACWI Investable Market Index (IMI)の株式ユニバースと比較したところ、広範なインデックスに比べて有意に強い収益成長を示したと述べられている。

【参照ページ】
(原文)A Framework for Avoided Emissions Analysis
(日本語訳)SchrodersとGIC、既存方法の脱炭素化の投資機会を特定するフレームワークを立ち上げる

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る