石油化学大手ネステ、世界初100%持続可能な燃料で旅客機運行

石油化学大手ネステ、世界初100%持続可能な燃料で旅客機運行

エネルギー大手のネステは11月29日、民間航空機の両方のエンジンで100%持続可能な燃料(SAF)を使った運行の研究結果を発表した。

2021年4月に行われた同研究では、地中海での飛行実験を3回行い、ネステのHEFA(水素化処理エステルおよび脂肪酸)系のSAFの二酸化炭素排出量とケロシン系燃料の比較を行った。11月にも同様に100%SAFの排出量とケロシン系燃料とHEFAの混合燃料の排出量の比較を行ったが、いずれにおいても、SAFの方がケロシン系燃料より粒子状物質排出量が少なく、大気汚染および気候変動にポジティブな影響をもたらすと結論づけた。

この実験は ECLIF3(‘Emission and Climate Impact of Alternative Fuels’) 研究プロジェクトと呼ばれており、エアバス、ロールスイロイス、ドイツの研究センターDLR、ネステ、カナダ国立研究評議会とマンチェスター大学の研究者が参画しており、来年末と2023年にその結果を学術雑誌に発表する予定。

航空機は現在、SAFと従来のジェット燃料の50%ブレンドでの運用のみが許可されているが、エアバスとロールスロイスの両社は100%SAFの使用を認定する意欲を示している。

【参照ページ】
(原文)First study on in-flight use of pure sustainable aviation fuel in a passenger jet shows early promise
(日本語訳)エネルギー企業ネステ、世界初100%持続可能な燃料で旅客機運行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る