水素電気航空新興企業ZeroAvia、約170億円を調達

水素電気航空新興企業ZeroAvia、約170億円を調達

11月28日、水素電気航空ソリューションの新興企業ZeroAviaは、1億1600万ドル(約170億円)の調達を発表した。調達資金はゼロエミッションの商業航空を可能にする同社の取り組みを進めるために使用すると述べた。

2018年にカリフォルニアで設立されたZeroAviaは、航空機用の水素電気エンジンを開発している。2025年末までに9~19席の航空機で航続距離300マイル、2027年までに40~80席の航空機で最大航続距離700マイルをサポートするエンジンを提供する見込みである。同社は、FAAとCAAから3つのテストベッド機でエンジンをテストするための実験証明書を取得し、重要な飛行テストのマイルストーンに合格した。

同社は、今回の資金調達により、同社初のゼロ・エミッション航空機用エンジンの認証取得への道のりを加速させ、より大型の航空機向けにクリーン推進技術の規模を拡大する研究開発を進めるとともに、英国におけるZeroAviaの成長計画を支援すると述べた。

UK Infrastructure Bankと共同リードのAirbus、Barclays Sustainable Impact Capital、NEOM Investment Fundが本ラウンドを主導した。Breakthrough Energy Ventures、Horizons Ventures、Alaska Airlines、Ecosystem Integrity Fund、Summa Equity、AP Ventures、Amazon Climate Pledge Fundも資金調達に参加した。 

英国は、2050年までに航空の脱炭素化を目指しており、この10年間に英国の空港間を飛行する新しいクリーンな推進技術の開発支援を進めている。航空は、脱炭素化が最も困難なセクターのひとつでもあり、英国を発着する国際線および国内線の旅程から3,800万トン以上のCO2に相当する二酸化炭素を排出している。 2050年には、英国の炭素排出量の約4分の1が航空から排出されると予測されている。

現在、多くのイニシアティブが、持続可能な航空燃料(SAF)のような、より迅速なセクターの脱炭素化を可能にする分野を対象としているが、水素は、カーボンフリーの方法で製造される可能性があり、そのエネルギー密度の特性から、業界の一部では、より有望な長期的解決策とみられている。

【参照ページ】
(原文)ZeroAvia announces completion of $116m Series C funding round
(日本語参考訳)水素電気航空新興企業ZeroAvia、約170億円を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る