アメリカン航空、クリーンテック新興企業グラファイトと炭素除去契約を締結

アメリカン航空、クリーンテック新興企業グラファイトと炭素除去契約を締結

11月28日、炭素除去の新興企業であるグラファイトは、アメリカン航空が最初の顧客となり、2025年初頭に1万トンの永久炭素除去材を購入すると発表した。

グラファイトは、炭素除去にカーボン・キャスティング・アプローチを採用しており、木材や農作業の残渣などのバイオマスを乾燥・圧縮して高密度の炭素ブロックにし、環境的に安全で不浸透性のポリマー・バリアで保護し、監視された地下に保管する。同社によると、このプロセスはバイオマスに含まれるほぼすべての炭素を保存し、エネルギー消費もほとんどないため、低コストで拡張性の高い炭素除去アプローチが実現できるという。

カーボン・キャスティングの最初の商業規模展開は、アーカンソー州パインブラフにあるグラファイトの施設で行われる。

アメリカン航空は、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束し、二酸化炭素排出量を削減するために様々な技術に投資している。同社は、事業活動における排出量削減が第一の焦点であるとしながらも、残留排出量に対処するために炭素クレジットを利用する役割についても言及した。

【参照ページ】
Graphyte signs first carbon removal purchase agreement with American Airlines

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る