BMW、世界生産の低炭素鋼を調達

BMW、世界生産の低炭素鋼を調達

11月15日、自動車メーカーのBMWグループは、サプライチェーン脱炭素化の一環として、米国と中国におけるCO2削減鋼材の一連の新規供給契約を発表した。

本契約には、米国のメーカーであるスチールダイナミクス(SDI)およびビッグリバースチールとの、米国およびメキシコのBMW工場で使用する現地での鉄鋼生産に再生可能エネルギーを使用する契約と、HBISグループとの、2023年から中国瀋陽のBMW工場にCO2削減した鉄鋼を供給する契約も含まれている。

本契約は、BMWが昨年、自動車のライフサイクル全体で2030年までに排出ガスを40%削減するという目標を掲げ、気候変動対策への取り組みを拡大したこと、また、製品に持続可能な材料の使用を拡大するための取り組みを行ったことを受けたものである。

鉄鋼業は、世界的に最もCO2を排出する企業の一つであり、この分野からの温室効果ガス排出量は、世界の化石燃料の使用による直接排出量の7〜9%を占めている。BMWによると、中型の電気自動車のサプライチェーンにおけるCO2排出量の約20%が鉄鋼に起因しているという。

本発表は、2021年のスウェーデンの新興企業H2グリーン・スチール、今年初めの鉄鋼メーカーSalzgitterとの契約など、BMWにとって一連の低炭素鉄鋼取引の最新版となるものである。

【関連記事】
BMWグループ、欧州工場での低炭素鋼使用を大幅に拡大
BMW、化石燃料を使用しない鉄鋼を調達 サプライチェーンのCO2排出量削減を本格化

【参照ページ】
(原文)BMW Group secures CO2-reduced steel for global production network
(日本語訳)BMW、世界生産の低炭素鋼を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る