インド、2030年までに500万トンのグリーン水素を製造する政策目標を発表

 

2月17日、インドの電力省は、2030年までに同国のグリーン水素の生産量を500万トンに引き上げることを目的とした「グリーン水素/グリーンアンモニア政策」の開始を発表した。

本政策は、2021年8月にインド政府が立ち上げた「国家水素ミッション」の第一歩となり、同国の脱炭素戦略における水素の重要な役割を創出し、インドをグリーン水素の生産と輸出の世界的なハブとなることを想定している。

本政策では、グリーン水素やグリーンアンモニアメーカーへの再生可能エネルギーの供給を支援・促進するため、州間の送電料金の25年間免除・送電網への接続の優先・水素の輸出や船舶での利用のための貯蔵用地の提供などの条項を定めている。

【参照ページ】
(参考記事)India plans to produce 5 mln tonnes of green hydrogen by 2030

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る