インド、2030年までに500万トンのグリーン水素を製造する政策目標を発表

 

2月17日、インドの電力省は、2030年までに同国のグリーン水素の生産量を500万トンに引き上げることを目的とした「グリーン水素/グリーンアンモニア政策」の開始を発表した。

本政策は、2021年8月にインド政府が立ち上げた「国家水素ミッション」の第一歩となり、同国の脱炭素戦略における水素の重要な役割を創出し、インドをグリーン水素の生産と輸出の世界的なハブとなることを想定している。

本政策では、グリーン水素やグリーンアンモニアメーカーへの再生可能エネルギーの供給を支援・促進するため、州間の送電料金の25年間免除・送電網への接続の優先・水素の輸出や船舶での利用のための貯蔵用地の提供などの条項を定めている。

【参照ページ】
(参考記事)India plans to produce 5 mln tonnes of green hydrogen by 2030

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る