IRENAとMasdar、2030年までに世界の再生可能エネルギー容量を3倍にするロードマップの策定で協力

IRENAとMasdar、2030年までに世界の再生可能エネルギー容量を3倍にするロードマップの策定で協力

5月11日、世界有数のクリーンエネルギー企業であるMasdarは、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と、2030年までに世界の再生可能エネルギー容量を3倍にする手段を定めた主要な国際知識プロジェクトに協力する契約を締結した。

アブダビで開催されたUAE気候技術フォーラムにおいて、IRENAとMasdarは、2030年までに再生可能エネルギーの世界的な目標を示すCOP28のプロジェクトに協力するための覚書に署名した。

MoUは、Masdarの会長であり、COP28議長に任命されたUAE産業・先端技術大臣のスルタン・アーメド・アル・ジャベール博士の出席のもと、マスダールのモハメド・ジャミール・アル・ラマヒCEOとIRENAのガウリ・シン副局長が署名した。

本プロジェクトの主な目的は、太陽光、風力、水力、地熱、および蓄電池を含むその他の技術に焦点を当て、地域ごとのデータで補完した再生可能エネルギーの世界的なベースラインを確立することである。

また、本プロジェクトは、再生可能エネルギーの野望を達成するために各地域が直面している課題を明らかにし、特にCOP28の文脈で、行動のための提言を提供する予定である。最近ベルリンで開催されたピーターズバーグ気候対話では、世界的な排出量の削減と、自然エネルギーの拡大に関する世界的な拘束力のある目標について明確なコンセンサスを得て終了した。

2006年に設立されたMasdarは、UAEのクリーンエネルギー大国であり、世界40カ国以上で活動しており、合計約20ギガワット(GW)の容量を持つ再生可能エネルギープロジェクトのポートフォリオに投資している。

【参照ページ】
(原文)IRENA and Masdar to Collaborate on Setting a Roadmap to Triple Global Renewable Energy Capacity by 2030
(日本語参考訳)IRENAとMasdar、2030年までに世界の再生可能エネルギー容量を3倍にするロードマップの策定で協力

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る