JYPエンターテイメント、同社初のESGレポートを発刊

JYPエンターテイメント、同社初のESGレポートを発刊

8月3日、JYPエンターテインメント(JYP)は、韓国エンターテインメント会社の中で初めてESGレポートの発刊を発表した。

JYPは、TWICEやNiziU等のアーティストを抱え、韓国三大芸能事務所のうちの1つである。JYPは「LEADER IN ENTERTAINMENT」というスローガンのもと、ESGのビジョンとして「Leader of Change」を掲げている。

本報告書には、JYPによる環境、社会、ガバナンスの3つの領域に関する詳細がまとめられている。

環境の領域では、気候変動に対応するため、韓国のエンターテイメント業界として初めて100%再生可能エネルギー転換を達成した。また、韓国エネルギー公団から韓国版RE100であるK-RE100を承認された。

社会の領域では、労働時間と勤務地の柔軟性の確保、従業員向けメンタルケアサポートの提供を開始した。「人柄や実力基盤のトレーニングシステム」を構築してアーティストを育成し、「社員たちの暮らしの質の向上に向けたプログラムの運営」「パートナーとの同伴成長支援体系の作成」など、多様なステークホルダーが成長できる基盤を整えた。

ガバナンスの領域では、取締役会内の女性取締役会の比率を25%、社外取締役の比率を50%に上方修正し達成した。また、取締役会構成の多様性を確保し、取締役会内の監査・ESG・報酬委員会の新規設置などで透明性を高めた。

【参照ページ】
JYP Entertainment ESG Report 2021

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る