日米中心の国際パートナーズグループ、インドネシアのクリーンエネルギー移行を支援する資金調達に合意

日米中心の国際パートナーズグループ、インドネシアのクリーンエネルギー移行を支援する資金調達に合意

11月15日、日米を中心とする国際パートナーズグループ(IPG)は、インドネシアの電力セクターのクリーンエネルギーへの転換を加速・支援し、その資金として数百億ドルを動員することを目的とした、インドネシアとの「公正なエネルギー転換パートナーシップ(JETP)」の開始を発表した。

バリでのG20サミットで発表されたこの合意には、3年から5年の間に200億ドル(約2.8兆円)を動員することが含まれている。その半分はカナダ、デンマーク、EU、フランス、ドイツ、イタリア、ノルウェー、イギリスも参加するIPGの公的部門からの拠出となる。残り半分は、バンク・オブ・アメリカ、シティ、ドイツ銀行、HSBC、マッコーリー、MUFG、スタンダードチャータードなどの金融機関を含むGlasgow Financial Alliance for Net Zero (GFANZ) Working Groupによって推進される予定である。

本協定の一環として、インドネシアは、2030年までに電力部門の排出量をピークアウトさせ、その年の排出量を290メガトンに抑えること、2050年の電力部門のネット・ゼロ目標を設定すること、2030年までに発電構成における再生可能エネルギーの割合を34%にすることなど、一連の気候目標を約束する予定である。

IEAが発表した報告書によると、この目標を達成するためには、現在インドネシアの発電量の60%以上を占めている石炭からの急速な移行が必要となる。

また、インドネシアは重量ベースで世界最大の石炭輸出国でもある。

JETPモデルは、昨年のCOP26気候変動枠組条約締約国会議において創設され、途上国がクリーンエネルギーへの転換に必要なインフラや投資のギャップを埋めるための支援に加え、公正なエネルギー転換の達成を重視している。本合意では、IPG諸国は、インドネシアが目標を達成するための投資計画や、移行に影響を受けるコミュニティを支援する政策を策定することを支援する予定である。

【参照ページ】
Joint Statement by the Government of the Republic of Indonesia and International Partners Group members on the Indonesia Just Energy Transition Plan

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る