炭素除去の新興企業Carbo Culture、約26億円を調達

炭素除去の新興企業Carbo Culture、約26億円を調達

11月28日、気候ソリューション・プロバイダーであるCarbo Cultureは、バイオ炭による炭素除去技術の展開と商業化の推進を目的とした資金調達で、1,800万ドル(約26億円)を調達したと発表した。

2018年に設立されたCarbo Cultureは、特許取得済みの技術を使って廃棄物バイオマスを転換し、バイオ炭として炭素を固体の形で永久保存する。同社の技術は、酸素が制限された環境下でバイオマス廃棄物を高温で加熱し、炭素の持続的な貯蔵を可能にする。こうしてできたバイオ炭を土壌に加えると、栄養分保持力や保水力が高まるだけでなく、バイオマスを自然分解させれば大気中に放出される炭素を貯蔵できる。また、バイオ炭だけでなく合成ガスも生成する。合成ガスはアンモニア、メタノール、燃料の製造に利用できる。

同社は2023年8月、ヨーロッパ最大級のバイオ炭製造プラントR3の試運転に成功した。同社は本投資をもとに、商業規模のプロジェクト開発を開始する予定である。

シリーズA資金調達ラウンドは、シンガポールを拠点とする脱炭素に特化した投資会社GenZeroとサンフランシスコを拠点とするベンチャーキャピタル会社True Venturesが共同で主導し、Tesi(フィンランド産業投資有限責任会社)が参加した。

【参照ページ】
(原文)Opening A New Chapter
(日本語参考訳)炭素除去の新興企業Carbo Culture、約26億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る