カナダ、CO2回収スタートアップEntropyに300億円投資

12月20日、カナダ政府は、カナダ成長基金(CGF)を通じて、カルガリーに拠点を置く炭素回収スタートアップのEntropyに2億ドル(約300億円)の投資を行うとともに、年間最大100万トンの長期固定価格炭素クレジット購入契約を締結したと発表した。 同社は、排出量が多いために排出量削減が困難な産業の脱炭素化を支援するプロジェクトを行う。

カルガリーに本拠を置く天然ガス会社Advantage Energyとエネルギーに特化したプロフェッショナル・サービス・プロバイダーAllardyce Bower Consultingによって2020年に設立されたEntropyは、産業発生源での燃焼前および燃焼後の排出物を捕捉および隔離するモジュール式炭素回収および貯蔵施設を開発している。 アルバータ州のグレイシャー・ガス工場で同社初の商業用天然ガス焚き炭素回収・隔離(CCS)プロジェクトが2022年稼働した。

Entropyは2022年、ブルックフィールド・グローバル・トランジション・ファンドを通じてブルックフィールドから3億ドル(約400億円)の投資を発表した。

2022年発表された画期的な気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオには、今後数十年間で年間数十億トンの除去にスケールアップするCO2除去方法が含まれている。

ただし、CO2を回収して貯蔵するソリューションのほとんどは初期段階にあり、現時点では規模が限られており、多額の初期開発投資が必要となる。 S&P グローバル・レーティングによる最近のレポートでは、財務上の不確実性に起因する CCSプロジェクトが直面する重大なリスクが強調されている。

Entropyによると、CGFとの新しい炭素クレジットオフテイク(CCO)契約の大規模かつ長期固定価格は、民間CCS開発のリスクを軽減し加速するのに役立ち、新しい契約の締結に伴い、同社は暫定的な契約を発表した。

本契約に基づき、CGFはEntropyのプロジェクトから15年間にわたり年間60万トン(tpa)で最大900万トンの炭素クレジットを購入することを約束しており、年間最大185,000トン、初期価格1件あたり86.50ドル(約12,000円)で購入することを約束した。

【参照ページ】
(原文)Deputy Prime Minister welcomes the Canada Growth Fund’s first carbon contract for difference
(日本語参考訳)カナダ、CO2回収スタートアップのエントロピーに300億円投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る