WalmartとGeneral Mills、60万エーカーの再生農業パートナーシップを開始

WalmartとGeneral Mills、60万エーカーの再生農業パートナーシップを開始

10月17日、General Mills、Walmart、Sam’s Clubは、2030年までに米国内の60万エーカーの土地で再生可能農業の導入を加速させるための協力を発表した。これは、General Millsが小売業者を通じて販売する製品の主要原材料の調達に使用しているエーカー数の概算に相当する。

再生農業の実践は、農業部門が環境に与える影響に対処することを目的としており、生態系の改善と回復、土壌の健全性と肥沃性の構築、排出量の削減、流域管理の強化、生物多様性の増加、農家の生計向上などの技術を含む。

農業は、温室効果ガス排出量の大きな割合を占め、気候変動への対応が最も困難な分野の一つであることから、気候変動対策の主要な重点分野として浮上してきた。同部門は、食品・飲料部門が気候変動に与える影響の大部分を占めており、ひいては世界の温室効果ガス排出量の約3分の1を占めている。

両社によると、新しいイニシアティブの目標は、システムの変革を通じて北部および南部グレートプレーンズにおける再生可能農業生産への移行を支援し、土壌の健全性、流域、生物多様性、気候変動、農家の経済的回復力の改善に役立つ取り組みを通じて、農家のより回復力のある収量の可能性を高めることである。

本プロジェクトにより、General Millsは、2030年までに100万エーカーの土地で再生可能農業の導入を進めるという目標を上回るペースとなる。また、2030年までに少なくとも5,000万エーカーの土地を保護、より持続可能な管理、回復するというWalmartの目標にも貢献することになる。

本プログラムの初期プロジェクトでは、小麦を含む様々な作物において再生農業を加速させるための教育・指導リソースを構築するための資金援助を地元団体に提供する。助成金は全米魚類野生生物財団(NFWF)が管理する。

ノースダコタ州、サウスダコタ州、ネブラスカ州、カンザス州、オクラホマ州、コロラド州、そしてGeneral Millsのグローバル本社があるミネソタ州を含む、北部および南部グレートプレーンズの7州を対象とする。

【参照ページ】
(原文)General Mills and Walmart join forces to advance regenerative agriculture across 600,000 acres by 2030
(日本語参考訳)WalmartとGeneral Mills、60万エーカーの再生農業パートナーシップを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る