Intel、ネット・ゼロ目標を発表。サプライチェーンでの排出削減にコミット

4月13日、半導体大手のインテルは、2040年までにグローバル事業全体でのネット・ゼロエミッションや、製品やサプライチェーンの排出量削減へのコミットなど、気候に焦点を当てた一連の目標およびイニシアティブを発表した。

2040年の新たなネット・ゼロ目標達成に向けた取り組みの一環として、インテルは2030年の一連の中間コミットメントを概説した。これには、グローバル事業全体で再生可能エネルギーの電力使用を100%にすることや、施設での省エネに3億ドルを投資し、40億キロワット時の累積エネルギー削減を目指すことが含まれている。また、米国グリーンビルディング協会のLEEDプログラムの基準を満たす新しい工場や施設を建設すること、地球温暖化係数の低いより環境に優しい化学物質を特定し、新しい除害装置を開発するための業界横断的な研究開発イニシアティブを立ち上げることも約束した。

インテルは、事業所からの排出だけでなく、製品やバリューチェーンが気候に与える影響(スコープ3排出)に対処するための一連のイニシアティブを発表している。製品の排出量については、インテルは次世代CPU-GPU(コードネーム:Falcon Shores)のワットあたりの性能を5倍にする目標を設定し、2030年までにクライアントおよびサーバー用マイクロプロセッサの製品エネルギー効率を10倍にするという約束もした。

インテルのサプライチェーンにおいては、2030年までに、投資と行動がない場合と比較して、排出量を少なくとも30%削減することを約束し、サプライヤーと協力して省エネルギーと再生可能エネルギーの利用に注力し、化学物質と資源の効率性を高めるなどの取り組みを行っている。

【参照ページ】
(原文)Intel Commits to Net-Zero Greenhouse Gas Emissions in its Global Operations by 2040
(日本語訳)インテル、2040年までにグローバルオペレーションでネット・ゼロの温室効果ガス排出量を約束

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る