Intel、ネット・ゼロ目標を発表。サプライチェーンでの排出削減にコミット

4月13日、半導体大手のインテルは、2040年までにグローバル事業全体でのネット・ゼロエミッションや、製品やサプライチェーンの排出量削減へのコミットなど、気候に焦点を当てた一連の目標およびイニシアティブを発表した。

2040年の新たなネット・ゼロ目標達成に向けた取り組みの一環として、インテルは2030年の一連の中間コミットメントを概説した。これには、グローバル事業全体で再生可能エネルギーの電力使用を100%にすることや、施設での省エネに3億ドルを投資し、40億キロワット時の累積エネルギー削減を目指すことが含まれている。また、米国グリーンビルディング協会のLEEDプログラムの基準を満たす新しい工場や施設を建設すること、地球温暖化係数の低いより環境に優しい化学物質を特定し、新しい除害装置を開発するための業界横断的な研究開発イニシアティブを立ち上げることも約束した。

インテルは、事業所からの排出だけでなく、製品やバリューチェーンが気候に与える影響(スコープ3排出)に対処するための一連のイニシアティブを発表している。製品の排出量については、インテルは次世代CPU-GPU(コードネーム:Falcon Shores)のワットあたりの性能を5倍にする目標を設定し、2030年までにクライアントおよびサーバー用マイクロプロセッサの製品エネルギー効率を10倍にするという約束もした。

インテルのサプライチェーンにおいては、2030年までに、投資と行動がない場合と比較して、排出量を少なくとも30%削減することを約束し、サプライヤーと協力して省エネルギーと再生可能エネルギーの利用に注力し、化学物質と資源の効率性を高めるなどの取り組みを行っている。

【参照ページ】
(原文)Intel Commits to Net-Zero Greenhouse Gas Emissions in its Global Operations by 2040
(日本語訳)インテル、2040年までにグローバルオペレーションでネット・ゼロの温室効果ガス排出量を約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る