Apple、世界各地のサプライヤーの再生可能エネルギー利用を支援

4月14日、Appleはバリューチェーン全体での排出量削減に向けた施策を発表した。同社は再生可能エネルギーへの大規模な投資を行い、サプライチェーンに含まれる数十社のメーカーによるApple製品の生産に必要なクリーンエネルギーの調達や、Apple製品の使用に伴う気候影響への対処を支援する。

Appleのカーボンフットプリントの70%以上は、製品の製造に使用されるエネルギーから生み出されている。Appleは最近のGreen Bond Impact Reportの中で、サプライヤーがエネルギー使用量を減らし、再生可能エネルギーに移行できるようにすることを目的としたプログラムへの投資について概説している。

Appleは、北米の企業であるDuPontとMicron、韓国のサプライヤーであるLG DisplayとSamsungに加え、ヨーロッパで11社、中国で23社、日本で20社が新たにプログラムに参加し、グローバルなサプライチェーン全体で数十のクリーンエネルギーに取り組むことを発表した。

同社はまた、テキサス州ブラウン郡にある2,300エーカーのIP Radian Solarプロジェクトなど、自然エネルギープロジェクトへの直接投資についても紹介し、Apple製デバイスの電源に使われるエネルギーによる排出に対処することを目的とした。Appleによると、顧客が機器の電源として使用する電力は、同社のカーボンフットプリントの22%を占めている。

【参照ページ】
(原文)Apple helps suppliers rapidly accelerate renewable energy use around the world
(日本語訳)Apple、世界各地でサプライヤーが再生可能エネルギーの利用を大幅に加速できるよう支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る