Salesforce、新たな「ブルーカーボン」市場イニシアティブを開始

4月14日、CRMソリューションプロバイダのSalesforce(以下、セールスフォース)は、ティム・クリストファーセンを次期気候変動対策担当副社長に任命し、気候変動問題に対する自然ベースのソリューションに関する同社の戦略を推進し、セールスフォースの国際的なサステナビリティの取り組みを加速させることを発表した。

この新任人事と同時に、セールスフォースは、プロジェクトとクレジットの評価に関する一貫した基準の開発を通じて、持続可能な海洋ベースの炭素市場の拡大を目指す、新しい「ブルーカーボン」市場イニシアティブの立ち上げも発表した。

ブルーカーボンとは、マングローブや海草など、海洋や沿岸の生態系によって取り込まれる炭素のことだ。これらの生態系を保全・回復するプロジェクトは、ブルーカーボン・クレジットを通じて、企業が排出する炭素を相殺するために利用されるようになってきたが、現在の市場では、クレジットを測定・評価し、新しいソリューションに資金を提供するための一貫性と検証可能な基準が欠けている。

また、セールスフォースは、2030年までに沿岸プロジェクトに少なくとも5億ドルの投資を促進することを目標とするマルチステークホルダーコラボレーション「ORRAA」に参加することを発表した。

【参照ページ】
(原文)Salesforce Launches New Initiatives to Grow Sustainable Ocean-Based Carbon Markets
(日本語訳)Salesforceは、持続可能な海洋ベースの炭素市場を成長させるための新しいイニシアティブを開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る