Salesforce、新たな「ブルーカーボン」市場イニシアティブを開始

4月14日、CRMソリューションプロバイダのSalesforce(以下、セールスフォース)は、ティム・クリストファーセンを次期気候変動対策担当副社長に任命し、気候変動問題に対する自然ベースのソリューションに関する同社の戦略を推進し、セールスフォースの国際的なサステナビリティの取り組みを加速させることを発表した。

この新任人事と同時に、セールスフォースは、プロジェクトとクレジットの評価に関する一貫した基準の開発を通じて、持続可能な海洋ベースの炭素市場の拡大を目指す、新しい「ブルーカーボン」市場イニシアティブの立ち上げも発表した。

ブルーカーボンとは、マングローブや海草など、海洋や沿岸の生態系によって取り込まれる炭素のことだ。これらの生態系を保全・回復するプロジェクトは、ブルーカーボン・クレジットを通じて、企業が排出する炭素を相殺するために利用されるようになってきたが、現在の市場では、クレジットを測定・評価し、新しいソリューションに資金を提供するための一貫性と検証可能な基準が欠けている。

また、セールスフォースは、2030年までに沿岸プロジェクトに少なくとも5億ドルの投資を促進することを目標とするマルチステークホルダーコラボレーション「ORRAA」に参加することを発表した。

【参照ページ】
(原文)Salesforce Launches New Initiatives to Grow Sustainable Ocean-Based Carbon Markets
(日本語訳)Salesforceは、持続可能な海洋ベースの炭素市場を成長させるための新しいイニシアティブを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る