蘭Masdar、グリーン水素サプライチェーンを欧州に導入

UAE、オランダのマスダール社が計画するグリーン水素サプライチェーンを欧州に導入

1月13日、UAEに拠点を置く再生可能エネルギーに特化した開発企業Masdarは、アブダビからアムステルダムまでのグリーン水素サプライチェーンの開発を検討することを発表した。Masdarはアムステルダム港の運営企業、持続可能な航空燃料(SAF)プロバイダーのSkyNRG、混合・貯蔵ターミナル運営企業のEvos AmsterdamとZenith Energyなどのオランダ企業と合意書に調印した。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素のひとつと考えられており、特に風力や太陽光などの再生可能エネルギーが現実的でない、排出量の削減が困難なセクターで利用されている。

年間約9,000万トンの水素が製造されているが、そのほとんどは化石燃料を使用して抽出されており、汚染物質や温室効果ガスの排出を引き起こしている。再生可能エネルギーを動力源として他の物質から水素を抽出するグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力の開発には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要となる。

今回の合意では、アブダビでグリーン水素を製造し、アムステルダム港を通じてオランダに輸出することに焦点を当て、SAF、製鉄、船舶用燃料補給などの分野と、パイプライン、トラックを経由してヨーロッパの新しいオフテーカーに供給することを目指して努力することが確認されている。また、液体有機水素キャリアと液体水素を中心に、いくつかの水素輸送方法についても検討する予定である。

本合意は、Masdarが12月にグリーン水素事業部門を立ち上げたことに続くものである。同社は、2030年までに年間100万トンのグリーン水素の製造と、100GWの再生可能エネルギー容量を達成することを目標としている。

【参照ページ】
(原文)Masdar Signs Agreement to Explore Exporting Green Hydrogen from Abu Dhabi to Europe
(日本語参考訳)Masdar、アブダビから欧州へのグリーン水素の輸出を検討する契約に調印

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る