ペプシコとウォルマート、共同で再生農業を支援

7月26日、ペプシコとウォルマートは、土壌の健全性と水質の改善を追求する米国とカナダの農家を支援することに重点を置き、1億2,000万ドル(約173億円)相当の投資を追求する7年間の協業を発表した。

資金面、農業面、社会面でのプログラムを確立・拡大することで、200万エーカー以上の農地で再生可能農業の導入を可能にし、加速させることを目指す。また、2030年までに約400万トンの温室効果ガス(GHG)排出削減・除去を実現する。 

リリースでは、ペプシコとウォルマートのビジネスは、消費者向けの製品を作るために使用される原料を栽培する農家に依存していることを指摘している。両社のサプライチェーンは北米全域に広がり、ジャガイモ、オート麦、トウモロコシ、小麦、大豆、米など、重要な作物を大量に扱っているため、持続可能性は商品ごと、地域ごと、さらには農場ごとに異なって見えるだろう。

ペプシコとウォルマートのコラボレーションは、農家に席を提供し、農業の多様性を認識し、1つのサイズがすべてに適合するわけではないことを認識する、再生農業への自主的で柔軟なアプローチを提供する。

ペプシコとウォルマートは、土壌と水の健全性を改善し、二酸化炭素排出量を削減しながら、農業コミュニティを支援することに共通の重点を置いている。

本目標には、2030年までに700万エーカー(ペプシコの農業フットプリントとほぼ同じ面積)で再生可能農業の導入を推進すること、2030年までにバリューチェーン全体で温室効果ガスの絶対排出量を40%以上削減すること(2015年を基準として)、2040年までに温室効果ガスの排出量ゼロを目指すことなどが含まれる。

この取り組みはペプシコにとって新しいモデルであり、小売パートナーとの持続可能な農業に焦点を当てた初の大規模な戦略的協業となる。今回の2社の連携によって、教育、成果への先行投資、ピアコーチング、費用負担を通じて農家の支援が可能になる。

これは、ウォルマート財団とともに2030年までに5,000万エーカーの土地と100万平方マイルの海洋を保護、回復、より持続可能な方法で管理するという目標に沿って、再生可能な手法の採用を加速させるための、ウォルマートの目的意識の高い協力関係の優先事項の一部である。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo and Walmart Aim to Support Regenerative Agriculture Across More than 2 Million Acres of Farmland
(日本語参考訳)ペプシコとウォルマート、200万エーカー以上の農地で再生農業支援を目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る