デロイト、フリート・チャレンジ・カナダを買収し脱炭素化プラクティスを強化

デロイト、フリート・チャレンジ・カナダを買収し脱炭素化プラクティスを強化

11月22日、プロフェッショナル・サービス企業のデロイト・カナダは、気候変動、サステナビリティ、フリート脱炭素化の分野における能力を強化することを目的として、フリート管理コンサルティング会社のフリート・チャレンジ・カナダの買収を発表した。

2005年に設立されたフリート・チャレンジは、民間および公共部門のフリートに対し、財務、環境、事業構造、戦略計画、組織効率、コスト競争力などの課題に対処するためのソリューションを提供している。同社は、LEEDに類似した原則に基づくグリーンフリート認定プログラムである全米E3フリート・スタンダード・プログラムを管理している。

フリート・チャレンジが独自に開発したツールには、フリート・アナリティクス・レビュー(FAR)というソフトウェア・ソリューションがある。これは、過去の運行データを使用して、今後の予測分析と予測を行うもので、フリート・レビューのプロセスを効率的にする。

デロイトは、今回の買収により、車両管理、脱炭素化、電化戦略における中堅・大手クライアント向けの既存サービスを拡大すると述べている。

フリート・チャレンジは、カナダのデロイトのコンサルティング業務に統合され、同社のロジャー・スミス社長兼最高経営責任者(CEO)とともに、フリート脱炭素化業務においてデロイトに助言を行う。

【参照ページ】
(原文)Deloitte Canada acquires Fleet Challenge Canada Inc. to grow its Sustainability practice
(日本語参考訳)デロイト、フリート・チャレンジ・カナダを買収し脱炭素化プラクティスを強化

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る